食事でのダイエットが出来る理論

ダイエットの食事メニュー

ダイエットの食事メニュー

 

食事メニューを考える際は、
・ビタミン ・ミネラル ・タンパク質 ・脂質 ・炭水化物
の5大栄養素をバランスよく取っていけるよう注意しましょう。

 

タンパク質は、筋肉を作るために必要な栄養素ですが、
ササミなどの淡白な肉部位や、魚を中心に摂るようにし、
お肉でも脂身の多いものは避けた方がよいでしょう。

 

炭水化物はダイエットによくないと言われるが、
完全に抜いてしまうのは危険です。
おかずばかりを食べていると、塩分過多になるおそれがあるので、
食物繊維が多い五穀米や、ミネラルが多い麦ご飯に切り替えるなど、
おかずを食べ過ぎないようにする工夫をこらしましょう。

 

野菜や海草なども食事には取り入れるために、
外食の多い方は、なるべく自炊に切り替えていきましょう。

 

ダイエットには、食事だけでなく、もちろん運動も重要です。
ウォーキングや縄跳び、ランニングなど、
比較的簡単にできる有酸素運動を、生活に取り入れていきましょう。
有酸素運動のコツは、無理なく、20分以上続けられる運動を選ぶことです。
有酸素運動で脂肪が燃焼し始めるには、20分程度の時間が必要になります。
自分の体力に見合わない運動をしても、心も体も苦しくなるだけですよ。

 

計画的なカロリーコントロールと、継続的な運動が、
ダイエット成功への、遠いようで近い道のりです。

ダイエットの食意識

ダイエットの食意識

 

<ダイエットの食意識>

 

 

「ダイエットするにはまず食事制限。」

 

そういって誰もが簡単に食事のコントロールをしようとします。

 

「食べなきゃ痩せられる」「食べたくても我慢する」「食べるは甘え」
そんな修業みたいな食事のコントロールを簡単にできる人は
そもそも「食」に大きな魅力を感じない人ではないでしょうか?

 

美味しい物を好きなだけ食べたい、というのは人間の第一欲です。

 

その食のコントロールをするというのは専門家でも苦戦する、
慣れるまでは相当難しいことなのです。

 

でも、もしもこれだけはやめておこう、逆にこれならばOK!
という食材があったら…?

 

はい、あるんです!

 

それだけ食べればOK、これを食べなければOKという単純なものではなく
バランスよくは大前提ですが、でもやはり知っておくと安心!

 

つまりは「食のコントロール」の基本がこの「食材チョイス」となるのです。

 

 

まずは「控えた方が良い食材」

 

控えるべき食事は脂質の高い物・糖質が高い物です。
「ダイエットの敵」ともいわれる美味しいものですね。

 

 

しかし、見た目だけでなく「メタボリック症候群」になる危険が出てきます。
「脳梗塞」「高血圧」「糖尿病」などの病気になり、
健康を脅かす可能性もでてきてしまいます。

 

やはり痩せたいと思うなら、お菓子や揚げ物ばかり食べていてはいけません。

 

体を「痩せる状態」にしてあげるためにも、出来る限り控えましょう!

 

ただし、「脂質」も「糖質」も人間として生きためには
どちらも断絶してはいけません。
やめてしまうと体に足りない栄養素が発生し、不健康になってしまいます。

 

それに「我慢しすぎ」は精神的にもダメージを与えてしまい、
ダイエットが長続きしないことになってしまうかもしれません。

 

 

次に「食べるならこれが良い食材」

 

ダイエット食品としてもやはり有名な寒天などの海藻類やキノコ類です。
低カロリーなのでヘルシーで、また便秘予防にもなる逸材。

 

「ちょっと小腹が」「なんとなく物足りない」と心に誘惑が現れた時、
我慢せず、できるだけ素材の味に近い状態でいただきましょう。

 

また、御飯のあとに物足りないと感じる前に、ご飯そのものに
こんにゃくやしらたきなどを、ボリュームUPに取り入れてみるといいでしょう。

 

他にも普段から食べているお肉を、豆腐や脂肪分の少ない魚、
鶏肉ならばササミに変えてしまいましょう。
ササミに変えるだけでカロリーが大きく減ります。
勿論、野菜、特に緑黄色野菜を摂る事も、よい栄養価が体に取り入れやすくなります。

 

ここで、少し前からよく言われている「炭水化物」について、ですが、
あえての「控えた方がいい食材」に入れていません。

 

炭水化物はご存知の通り、カロリーが高いので避けたくなりますが、
特にご飯は古くから日本人と共に歩んできた、日本人の体に合った食材です。

 

もし、どうしても気になるという方は、必要栄養素のミネラルや食物繊維を含む、
麦ごはんや五穀米にしてみてはいかがでしょうか?
白米よりも抜群にヘルシーになります。

 

 

最後にまとめです。

 

ダイエット中でも、決して神経質になってはいけません。
「これは絶対に食べない」「これだけを摂取すれば」と偏ってしまうと、
健康で正しいダイエットができません。

 

摂取カロリーをできるだけ控えつつ、
人間の体に必要な5つの栄養素は欠かしてはいけません。

 

体は太りすぎても痩せすぎても不健康です。

 

無駄な物はできるだけ入れない、必要な栄養素はきちんととる
それが正しい「食事コントロール」への近道。

 

我慢や修業じゃない「食事コントロール」を目指しましょう。

「痩せるには食事が重要」
多くの人が、痩せるためにはどんな方法がいいのか、
そう考えて悩んでいると思います。
ダイエット方法はいろいろとありますが、食事によるダイエットが一番多いと思われます。
食事を変えるのが一番体重が変化しやすい方法ですからね。
特にダイエット初心者だと、食べなければ太らないと考え、
食事の量を減らして痩せようとする人が多いようです。
しかし、この方法はあまり良いものではありません。
必要最低限のカロリーや栄養を摂らないでいると、
疲れやすくなりますし綺麗に痩せることができなくなってしまいます。
痩せたくても食事はきちんとしましょう。
ダイエットするなら、食べないことより、食事の仕方にポイントがあります。
最も健康的でダイエットに向いているのが、一日に三食食べることです。
三食も食べるなんて有り得ない、そんなに食べたら痩せるわけがない、
本当の正解は一食か二食でしょう?
なんて思われるかもしれませんが、

むしろ一日二食などのほうが太りやすいのです。

 

なぜなら、食事の回数が少なくなって摂取するエネルギーが少なくなると、
体が消費するエネルギーを抑えようとして、脂肪を分解させず体に蓄えてしまうのです。
これでは痩せにくいですし、体質的にも太りやすくなります。
もし痩せたとしても太りやすい体質になっていますから、
ちょっと多めに食べただけでもリバウンドしてしまい、すぐ体重がもとに戻ってしまいます。
食事の回数が少なくなるほど、この傾向は強くなります。
こういったことを避けるためにも、一日三食がいい訳ですね。
本当に三食食べて大丈夫なのかと思われるかもしれませんが、
もちろん、ダイエットに適した三食の食べ方があります。
昼はしっかり食べ、朝・晩は少な目にすることです。
特に注意したいのは夕食で、
多く食べてしまうとその日のうちにエネルギーを消費せず、
次の日のためにエネルギーとして取っておくので、太ってしまいます。
また、5大栄養素である炭水化物・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラルを
バランスよく摂取できるような食事にしましょう。
現代人の食事内容を分析したデータでは、たんぱく質や脂質が過剰になりがちのようです。

脂肪やたんぱく質は控えめに、炭水化物・ビタミン・ミネラルは多めに摂れるように、
意識してバランスの取れた食事ができるようにしましょう。
食事は、ダイエットの基礎になります。
痩せるためには、食事の仕方を改善する必要があるのです。

 

ダイエットスープの作り方

 

ダイエット中の献立作りって、なかなか大変ですよね。
できるなら美味しい物を食べたいけれど、
美味しい物はどれもカロリーが高かったりして……。

 

というわけで、今回は、ダイエットにも役立つ、
簡単レシピをいくつかご紹介していきます☆

 

【美味しく脂肪燃焼? ダイエットスープ】
スープって、基本的には、具材を切って鍋に入れるだけ。
料理が苦手な方でも、比較的簡単にできるのが魅力ですよね。
アレンジ次第で、いろんな味を楽しむこともできますし、
具材をたっぷり入れれば、いろんな栄養素も取れちゃいます♪

 

【トマトスープ】
・鶏ガラスープ
・牛乳:
・トマト:

 

 

1.鍋に材料を全て入れます。
  お好みで塩胡椒も振って下さい。
2.あとは少し煮込むだけ。

 

ビックリするほど簡単ですね!

 

【特製デトックススープ】
・キャベツ:1/2個
・玉ねぎ:大3個
・ピーマン:大1個
・セロリ:1/2〜1本
・チキンスープの素:1個
・ホールトマト:1缶

 

1.野菜をすべて、食べやすい大きさに切り揃えます。
2.切った野菜とチキンスープの素、ホールトマトをお鍋に入れて、
  水を具材がしっかり浸かる量まで加えます。
3.そのまま、10分ほど煮込んでください。
4.そのまま食べても構いませんですが、
  お好みで塩コショウ、カレーパウダーなどで味付けするのもGoodです。
  チリソースなんかも意外とイケますよ☆
痩せる薬ランキング7はこちら

 

 

脂肪燃焼スープで痩せる

 

脂肪燃焼スープを自分で作ってダイエットに利用することが可能だそうです。いくつかの野菜と缶詰のトマトで作るのが脂肪燃焼スープです。味つけは基本は塩こしょうとコンソメです。チリソースを加えたり、カレー粉をプラスしたりしてアレンジを楽しむことができます。ダイエットに脂肪燃焼スープをどう使うかは、幾つかの方法があります。食事代わりに脂肪燃焼スープを摂取する方法や、いつもの食事を控え目にしつつ脂肪燃焼スープをプラスする方法があります。食事を脂肪燃焼スープに1日1回分だけ置き替える方法というものもあります。ダイエット方法の中には、脂肪燃焼スープと特定の食材だけで7日間と期間を決めて過ごすというものもあります。脂肪燃焼スープのベースとなるトマトには、脂肪の燃焼を促し、高血圧や肥満対策にいい成分が含まれておりダイエットにピッタリです。他にも食物繊維が豊富なキャベツやセロリ、ビタミンが豊富な各種の野菜を加えて、食べやすく煮込むことでつくられます。食事制限や極端な運動によるダイエットもありますが、無理な方法ではストレスの原因になってしまいかねません。脂肪燃焼スープを使うダイエットは、体に優しく、空腹を我慢したり、苦手な運動をしなくてもダイエット効果を得ることが可能です。

 

痩せる薬ランキング7はこちら

テーマ:ダイエットには和食がいい

 

あったかいご飯に、良い香りのお味噌汁。
朝食はパンで、という方も最近は多くいらっしゃいますが、
時々無性に、和風の食事が食べたくなったりしませんか?

 

四季折々の食材を楽しむことができる、日本独自の文化。
世界文化遺産にも登録されるなど、今注目の「和食」。
外国の方からも「美味しい上にヘルシー」という声を聞きますが、
日本人として、その魅力を再認識していきましょう。

 

和食には、単に美味しいというだけでなく、
ダイエットにも有効な要素がたくさん詰まっています。

 

たとえば、和食には欠かせない食材のひとつである、お豆腐。
お豆腐には、健康的に痩せるのに必要な栄養素が、
バーゲンセールか、と言わんかのごとく詰まっています。
・脂肪を減らす「大豆レシチン」
・中性脂肪を減らす「大豆サポニン」
・筋肉の素となる「タンパク質」
・代謝を促してくれる「ビタミンB群」
・脂肪燃焼に役立つ「鉄分」
・お通じをよくしてくれる「大豆オリゴ糖」
お豆腐の原料となる大豆が「畑の肉」と言われるのも納得ですね。

 

もうひとつ、和食に欠かせない食材といえば、やっぱり魚ですよね。
魚に含まれているのは、牛や豚などの「飽和脂肪酸」ではなく「不飽和脂肪酸」です。
飽和脂肪酸が溶けにくく、身体に溜まりやすい脂肪であるのに対し、
不飽和脂肪酸は、身体に溜まりにくい脂肪なのです。
そういうわけで、お魚はたくさん食べても太りにくいのですが、
不飽和脂肪酸の凄さはそれだけにとどまりません。
なんと、不飽和脂肪酸には、コレステロールや中性脂肪を減らす働きもあるのです。
魚は、太りにくいのみならず、痩せる手助けまでしてくれる、
ということなんですね。 さかなクン、いやさかな様バンザイ!
また、サバやイワシなどの青魚には、血液をサラサラにしてくれる
DHAやEPAが多く含まれており、動脈硬化を防いだり、
心筋梗塞を予防したりする働きがあります。

 

和食に対して、お肉中心の洋食ももちろん美味しいのですが、
お肉に多く含まれる動物性脂肪は、摂りすぎると、肥満をはじめ、
さまざまな病気にかかるリスクが高いのがネックです。
その点、炭水化物・たんぱく質・脂肪がバランスよく取れる和食は、
栄養面から見ても、日本が世界に誇れる食文化といえるでしょう。
痩せる薬ランキング7はこちら

食物繊維で痩せる生活

食物繊維で痩せる生活
ダイエットで積極的に取り入れて欲しいのが、食物繊維を多く摂取する食事です。

 

こんにゃくや野菜などに多く含まれている食物繊維には、血糖値上昇や脂質の吸収を抑制してくれる効果や、食べる量を無理なく抑えることができる効果があり、とてもダイエット効果があるからです。

 

食物繊維は野菜類に多く含まれますが、生のままサラダで食べる時など、よく噛まないと食べることができないものが多いのです。この咀嚼回数が食事のときに多いと、満腹感を感じやすくなるホルモンが多く分泌されるので、食事の量を無理なく抑えてくれるのです。

 

また、ダイエットにはマイナスの便秘も予防してくれます。ダイエットをすると便秘になりやすくなるのは、食べ物の量が減って大腸のぜんどう運動が緩慢になるからですが、食物繊維のなかには、水に溶けずに水を含んで大きく膨らむものがあります。これにより大腸のぜんどう運動を高めてくれるので、便秘の予防になるのです。

 

ですから、食事の一番先に食物繊維の豊富な野菜などをたくさん食べておくのがダイエットにも健康維持にも効果的です。

 

ただし、食物繊維だけを摂取するのはいけません。偏った食生活は栄養失調になる恐れがあり、体がぼろぼろになってしまいますので、お肉やたんぱく質なども積極的に取り入れましょう。

 

食物繊維を上手に摂取して、痩せる体をつくりましょう。

 

 

次に人気なのは【コトハスティー】

 

このお茶はデトックスに特化しており、便秘解消ではピカイチの力を発揮します。
・便秘で悩んで、排便が乱れている
・疲れやすく、肌荒れが悩み
・外食が多く食生活が乱れている
・腸内環境を良くしてキレイにしたい
など腸から綺麗になりたいダイエッターにはオススメです。

 

ちなみのこの【コトハスティー】のキャッチフレーズは
「美味しい大人のデトックスティー」

 

味は紅茶アールグレイ味で、クセのある紅茶が苦手な方は
少し飲みにくいかもしれません。
しかし、香りはベルガモットなので、リラックス効果も期待でき、
いつもの休憩タイムのお茶からこちらに変えてみるのもいいかもしれません。

 

豊かなティータイムにリラックスしながら、ダイエットティーで
ナチュラルダイエットを楽しむ、なんて素敵ですね。

 

 

このように、口コミで人気があったり、有名なダイエットティーは
デトックス効果、美肌効果など、きちんとした効果が現れるもの、
かつ、美味しく、香りも良く、飲みやすい、だから続けやすい、
という傾向があるようです。

 

以上、口コミをいろいろ参考にしながら、お気に入りのデイエットティーを
みつけてみてください。

バランス上手に食事と運動

<バランス上手に食事と運動>

 

食事制限しているから痩せる、または、運動したから痩せる
なんて短絡的に考えていませんか?

 

「食事内容だけ」「運動成果だけ」が目的になってしまって、
思ったようにダイエットが成功していないのではないですか?

 

 

正しいダイエットは、この2つのバランスをとることが大切。
どちらか一方を完璧にこなしたからといって、期待通りの結果に、
確実につながるというわけではないのです。

 

食事内容をコントロールし、摂取カロリーをセーブ出来たとして、
カロリーを消費しなければ、せっかくのカロリーセーブも活かせませんし、
沢山運動してお腹が減ったからとボリュームのある脂っぽい物を食べては、
結局は振り出しに戻るだけです。

 

 

自分のできる範囲でバランスを考え、摂取カロリーを控え、
自分のできる範囲で消費カロリーを増やす。

 

これが一番健康に、正しく痩せる方法なのです。

 

 

こう書かれているのを読んでいると「当たり前」のことなのですが、
実行するのは大変な事です。

 

 

「よし、ダイエットしよう」と思い立つと、人はスタートダッシュがかかります。
もちろんそれは自然なことで、健康的にもポジティブになれます。

 

そして運動を本格的にスタートさせて、エネルギーを消費する、
すると「運動の効果」が出てきます。

 

例えば、激しいエアロビクスなどで長い時間運動したとすると、
お腹が減って喉が乾きます。

 

「今日は頑張ったから、特別に焼き肉とビール…」
なんて風になってしまう可能性があります。

 

沢山頑張ると、自分にご褒美をあげたくなる心理状態ですね。

 

このように「運動の効果」はエネルギー消費の効果だけでなく、
反動で食生活に影響が出る悪い効果が出てくる場合もあります。

 

 

では気張らない運動を日々に取り込んではどうでしょうか?

 

駅までの道、買い物途中、いつもの移動を少し早歩きするだけで
ウォーキングという運動に変わります。
背筋を伸ばし、腕を大きく振って、かかとからつま先に体重移動するように
腰を大きく回して歩くと、筋肉活動量と消費カロリーがアップします。

 

周りの視線が気になるときは、姿勢だけでも意識してみて下さい。

 

また、家事のスピードアップでタイムトライアルや、
家族とちょっととこまで競争ゴッコなど、ゲーム感覚で楽しみながら等、
新たに時間も作らず、日々のルーティンの中に「運動」を取り入れていく。

 

そうすると、運動が自然と入る事になり、特別な事をした意識もなく、
また、持続性も高まり、自然とダイエットになっていきます。

 

 

 

今度は食生活です。
これは食べなければ痩せる、これを食べれば痩せるなど、
偏った食生活になっていませんか?

 

それに今は24時間、お腹がすいたらいつでも買い物が出来ます。
外食だって深夜でもいつでも食べる事が出来ます。

 

1日3食しかとっていないよ、という方も、食事の内容が
カロリーオーバーしているということはありませんか?

 

 

逆に摂取カロリーを過剰に減らしていませんか?

 

それでは、カロリーを消費する運動をする力が出ません。

 

いいダイエットは正しい食事と運動のバランスです。

 

簡単でもいいので続けて運動すること、
そして運動につなげるちょうどいいカロリー摂取をこころがけ、
バランスよくダイエットを行いましょう。

食事でのダイエットが出来る理論記事一覧

食物繊維で肥満の解消を

大した量を食べていないにも関わらず肥満になる、というケースは少なくありません。そういった場合は、食べているものに食物繊維に原因があると考えたほうがよいでしょう。例えば、食物繊維が少ないビタミンが少ないメニューであったり、糖分の多い食品ばかりを食べていたり、ということはありませんか?このような食物繊維...

≫続きを読む