ダイエットの基本

ダイエット方法の基本

ダイエット方法の基本

 

「ダイエット方法はいろいろ試してみたけど、
 思うように痩せられなくて……」
そんな悩みを抱えておられる方は多いと思います。

 

本屋さんにいけば、ダイエットを特集した雑誌や、
ダイエットに関連する書籍が山のようにあります。
が、一体どれが一番確実に痩せることが出来る方法か、
実際のところ分からないですよね。

 

変わった方法を試してみたところで、
実際痩せるのかどうか、不安なことも多いと思います。

 

そこで今回は、一度ダイエットの基本に立ち返って、
一般に「これが一番確実!」と呼ばれる方法を見ていきましょう。

 

まず重要になるのが、食生活のコントロールです。

 

食事の回数は、やはり1日3食がベストです。
ついつい間食をしてしまう、という方は回数を減らし、
ついつい朝食などを抜いてしまう、という方は回数を増やしましょう。

 

太りすぎていても、痩せすぎていても、
不健康であることに変わりはありません。

 

理想は、必要とされるだけの脂肪と筋肉が、
バランスよく付いていることです。

 

脂っぽいものを食べ過ぎると、皮下脂肪が増えて、
メタボリックシンドロームや、高血圧症になってしまったり、
脳梗塞になるリスクが高まったりするなど、
当然体にはよくありません。

 

一方、脂っぽいものをまったく取らないとなると、
肌が荒れてしまったり、髪にツヤが無くなったり、
生理不順や貧血の原因になったりするなど、
キレイになることを目的に始めたダイエットで、
不健康になってしまっては元も子もありません。

 

太りすぎず、しかし痩せすぎずを心がけましょう。

 

食事の回数だけでなく、
食事の内容をコントロールすることも重要です。

 

痩せたいと本気で思っているのであれば、
脂っこいものや甘いものばかり食べていないかどうか、
食生活を見直し、改善していくことが第一です。

 

脂質の多い肉類を控えるため、
鶏肉はカロリーの低いササミ肉に変えたり、
お刺身などの魚類を中心に食べるようにしたり。
毎日の食事に、栄養分豊富な緑黄色野菜や、
食物繊維が豊富なこんにゃくを取り入れるなど、
普段の何気ない食生活も、本気で見直してみれば、
改善点は意外に多く見つかるはずです。

 

食生活を見直すのはもちろん、
ダイエットの王道といえば、地道な運動習慣でしょう。

 

食生活の改善に加えて、適度な運動に心がけるのが、
健康的に痩せるための、基本中の基本です。

 

週末にジムなどに通って、運動する機会を作りましょう。
運動するのに十分な時間やお金がない、という方でも、
近所で買い物をする時は、少しの距離であれば歩いてみたり、
歩く時も気持ち早歩きを心がけてみたり、
少しずつ、出来るところから運動週間を身につけていきましょう。

 

摂取するカロリーは出来る限り抑えて、
消費するカロリーは出来る限り増やす。
当たり前のことのように思えるかもしれませんが、
すべてのダイエット方法の基本になることです。
痩せる薬ランキング7はこちら

ダイエットの王道

ダイエットの王道

 

ダイエット中だからといって、何も食べないでいる、
というのは絶対にやってはいけません。
人間も生き物である以上、
食べ物からエネルギーを摂らないと生きていけません。
絶食は、やる気が減退したり、疲れやすくなるというだけでなく、
肌が乾燥したり、髪にハリやコシが無くなるなど、
美容にとっていいことは何一つありません。
女性の場合は、生理不順の原因にもなります。
たとえそれで体重が減ったとしても、
食事を抜くメリットはどこにも存在しないのです。

 

ダイエットをするためには、食べなければならない。
一見矛盾しているようですが、ダイエットは、
まず自分の食生活を見直すところから始めるのが鉄則です。

 

ファストフードやコンビニ弁当、外食などが多くなっていませんか?
これらが多い人は、脂質や糖分を多く摂りすぎている可能性があります。
ダイエットの際は、脂っこいものや糖分が多いものはできる限り避けましょう。
食物繊維が多いキノコ類や寒天などは、カロリーも低く、お通じもよくなるのでオススメです。
食事の回数をむやみに減らすのではなく、
食事の中身を少しずつ変えるところから始めていきましょう。

 

痩せる薬ランキング7はこちら

ダイエット効果を徹底比較

ダイエット効果を徹底比較

 

今までさまざまなエクササイズに取り組んでみたけど、
思ったように体型が変わらなかったり、体重が減らなかったり……。
そんな経験をした覚えはありませんか?
せっかく努力するからには、ちゃんと成果が出るものを選びたいですよね。
そこで、今回はダイエットに最も効果的なエクササイズを考えることにしましょう。

 

痩せるためには水泳が効果的、というのは聞いたことがあるんじゃないでしょうか?
水泳は、消費カロリーが非常に高く、ダイエットに向いているとよく言われています。

 

たとえば、平泳ぎを30分間続けたとすると、
女性(体重54キロ)→256 kcal
男性(体重67キロ)→323 kcal
……これだけのカロリーを消費するといわれています。

 

クロールだと、
女性(体重54キロ)→199kcal
男性(体重67キロ)→245kcal
と、平泳ぎに比べると若干落ちてしまいますが、
30分間で、おにぎり1個分相当のカロリーを消費できてしまうのです。

 

ただ、水泳がいい、とは分かっていても、いつでも泳げる場所、というのは限られています。
市民プールなどが近くにあれば、比較的お金をかけずに続けていけるかもしれませんが、
そんな環境に暮らしている人は限られてきます。
また、ジムなどに通うという手もありますが、こちらは経済的にかなり厳しい負担になります。
さらに、特に女性の場合だと、「痩せる前に水着を着るのはちょっと……」
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
水泳はダイエットのためには間違いなくオススメできるのですが、
このように、やれる人が限られてくるのがネックです。

 

そこで、もうひとつオススメなのが「ウォーキング」です。
ウォーキングと言われても、歩くだけで本当に痩せるの? と疑問に思う方も多いでしょう。

 

実は、ウォーキングも、かなりカロリーを消費する運動なのです。
時速6キロで1時間歩いた場合、消費カロリーは約240kcalと、
30分間の平泳ぎとほぼ同等の量を消費できるのです。
時間こそ水泳の2倍かかってしまいますが、
ウォーキングは、場所を選ばず、お金も掛からず、何より気軽に始めることができるのが魅力です。

 

わざわざウォーキングのためだけの時間を作る必要はありません。
いつもの通勤時間や、買い物に行く時間を、そのままウォーキングの時間にすればいいのです。
移動と時間短縮とダイエットを兼ね備えた、まさに一石三鳥の方法といえるでしょう。

 

ウォーキングの際は、ただ歩くのではなく、次の4点を意識しましょう。
・背筋を伸ばす
・かかとからつま先に、体重移動をするように歩く
・腕を大きく振る 
・腰ごと大きく回して歩く
たったこれだけで、消費カロリーだけでなく、筋肉活動量も一緒に増やすことができます。

 

慣れるまでは大変かもしれませんが、その分、効果は確実に表れます。
ダイエットを始める時は、まずウォーキングから取り組んでみましょう。
痩せる薬ランキング7はこちら

ダイエットの基本記事一覧

ダイエットの専門医と一緒に肥満を解消

ダイエットを専門としている医師がいる、という事実はご存知でしょうか。「ダイエット専門医」とも呼ばれており、大学病院や総合病院の肥満や生活習慣病、糖尿病などを専門に診る外来にいる場合が多いです。専門医は、肥満の患者に対して痩せる薬で生活習慣を改善させるようなアドバイスを行います。そして患者はそれに基づ...

≫続きを読む

気エステで肥満の解消

肥満を解消するためには、食事の見直しと運動によって、健康的に痩せることが必要となります。そこで、気エステの健康やせを行ってみてはいかがでしょうか。これと痩せる薬の併用が効果的です。このエステでは、血の巡りを良くし、基礎代謝の向上をはかることができるため、太りにくい体質へと体質改善することができます。...

≫続きを読む

骨盤矯正ベルトで肥満も解消

骨盤が歪んでいると、体の様々なバランスが崩れる原因となります。ここらへんの原因を追究してから痩せる薬を服用してもよいかも知れません。例えば、体が痩せていたとしても、ウエストがくびれていなかったり、ウエストや肩の高さが左右で違ったり、下腹が出ていたりと、痩せていれば本来はそうならないであろう、という状...

≫続きを読む

骨盤矯正ストレッチで肥満を解消

骨盤は、立ち方や座り方といった、日常生活のちょっとした癖などで歪んでしまいます。例えば、足を伸ばした時に左右の長さが異なっていたりしませんか?お腹や脚といった下半身だけに脂肪が集中していたり、肩の高さが左右で異なったりしていませんか?意外と多くの人が当てはまったのではないでしょうか。実は、これらの項...

≫続きを読む