更年期障害で肥満になることもあります

更年期障害で肥満になることもあります

更年期障害とは、閉経前後に訪れる症状で、程度や症例も様々な上に、外から見ても分からないものが多いので、他人の症状を理解するのが非常に難しい病気です。
さて、そんな更年期障害の一つに、肥満があるということはご存知でしょうか。
閉経によって女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減少してしまい、体はその不足を補おうとして脂肪を使うようになります。
すると、脂肪の消費量が増えると体は感じてしまい、脂肪を溜め込むようになります。
しかし、実際には代謝の働きなどが年をとるに連れて減少しており、脂肪の燃焼力は落ちていますので、結果として肥満の原因になってしまうのです。
また、この女性ホルモンのエストロゲンは、血糖値を下げる働きもあるため、同時に血糖値のコントロールを失うことになります。
すると、脾臓という体の器官ではインシュリンを生成します。
更年期障害対策としてこのインシュリンは、更年期障害の減少として体脂肪を燃焼させずに糖を燃焼する働きがあるため、結果として体脂肪を溜め込んでしまいます。
更年期になると、このような症状に悩まされる可能性は誰にでもあります。
そのため、今のうちから更年期障害にならない様に食生活や運動に気を使って生活していくようにしましょう。
最近歯更年期障害対策と痩せる薬の効果を併用できるものも出てきていますので、
そんな痩せる薬を服用するのも良いでしょう。